アーカイブ : 2013年 7月

postfix mail server 備忘的なもの

・インストールと設定

yum install postfix
vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

mail_location = maildir:~/Maildir  ←コメントアウト追記

 

・ユーザ追加時、自動メールディレクトリ作成設定

mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

 

・メールサーバ切り替え sendmail → postfix

alternatives --config mta

 

・メールサーバ起動

/etc/init.d/postfix start

#postfixポート開放

 

・dovecotインストール

yum install dovecot
vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

mail_location = maildir:~/Maildir ←追記

・dovecot 起動

/etc/init.d/dovecot start

 

#imap用ポート開放

#smtp用ポート開放

 

useradd user

passwd ********

 

#自server環境時はクライアントPC側、hosts編集

postfix OP25B リレー対策

main.cnf

 relayhost = [smtp.xxx.server]:587
 smtp_sasl_auth_enable=yes
 smtp_sasl_password_maps=hash:/etc/postfix/isppasswd
 smtp_sasl_security_options = noanonymous
 smtp_sasl_mechanism_filter =

master.cf(コメントを外す)

 smtp      inet  n       -       n       -       -       smtpd
 submission inet n       -       n       -       -       smtpd
 -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
 -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

パスワードファイル作成

vi /etc/postfix/isppasword
smtp.xxx.server アカウント:password

postmapコマンド実行

 postmap /etc/postfix/isppasswd

ライブラリをインストール

 yum -y install cyrus-sasl-plain cyrus-sasl-md5

postfix再読み込み

 /etc/init.d/postfix reload

###
mailコマンドで確認

mail -s title  アドレス
 . .
 EOT

—-

Postfix リレーエラー対策 (Relay access denied)

IPv6をpostfixが知らないため
/etc/hosts

#::1 ←コメントアウト

Zabbix 設定

zabbix設定

・ユーザ登録

・ホスト登録

監視対象

・テンプレート作成

アイテムを登録するためのテンプレート

・アイテム登録

作成したテンプレートに監視項目を登録

 

・起動

service zabbix-agent start

service zabbix-server start

カスタムコマンド zabbix_agent.confへ追記

UserParameter=名前,コマンド

手動コマンド

zabbix_get -s ホスト名 -k コマンド

Zabbix 2.0.6 インストール

スクリーンショット 2013-07-13 17.19.06

・Zabbixリポジトリ追加

#rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm

・インストール

#yum install zabbix-agent zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
#vi /etc/my.cnf

###以下追加

innodb_file_per_table
innodb_buffer_pool_size=512M
innodb_log_file_size=64M
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake

 

#service mysqld restart

・パスが通ってなかった

#export PATH=$PATH:/usr/bin/mysql
#mysql -u root
mysql>create database zabbix character set utf8;
mysql>grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'パスワード';
mysql>SELECT Host, User, Password FROM mysql.user;
mysql>exit
#mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/schema.sql
#mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/images.sql
#mysql -u root zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/data.sql

 

#vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

以下修正

DBHost=localhost

DBName=zabbix

DBUser=zabbix

DBPassword=パスワード

 

#service zabbix-server start
#service zabbix-agent start
#vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

以下修正

php_value date.timezone Asia/Tokyo

 

#service httpd restart

・ブラウザでアクセス

http://localhost/zabbix

 

date(): It is not safe to rely on the system’s timezone settings.

phpのtimezoneが設定されていない模様

 

#vi /etc/php.ini

date.timezone = “Asia/Tokyo” ←追加

 

・個別インストール

zabbix_get

ガンプラ GUNDAM Ver.Ka(MG)

無改造、明るめ下地で基本色を吹いて、墨は青系で入れました

センチネルっぽく?
制作期間1ヶ月位、制作時間30時間位
DSC_1625 DSC_1633 DSC_1636

【パチスロ】ファイヤーバード7u 600枚抜き 1.5号機

BIG中のコイン増やしです

1-2G 15枚役狙い
3G 15枚役揃えつつJAC-IN
4-8G 15枚役狙い
9-24G 1枚掛け右ビタでBAR、中リールはプラムななを中段ビタでベル・プラム・チェリーが止まるので対応絵柄を左で揃える
25G 15枚役揃えつつJAC-IN
26G 左BAR チェリーをビタでオレンジななオレンジが止め、中リール中断にオレンジビタ、右リール下段にななの上のBARをビタでオレンジクロスが揃う
27-30G 左JAC付オレンジななオレンジをビタ、右スイカを中断ビタ、ランダム制御でJACクロスの形に、中リールオレンジの下のBARを下段にビタでJAC-IN

26Gから台の制御は子役を外しつつJACINもさせないようになります
揃えようとしない台の制御を逆に利用した攻略です

スロット リバティーベルⅣ 実機配信 世界全滅打法

1. 精算ボタンを押しながら手入れ1枚掛けでスタート
2. ストップランプが点灯したら精算ボタンを離す(精算ボタン消灯)
3. 1メダルライン意外に狙いの絵柄をテンパイさせる
4. コインを2枚投入しMAXBETに
5. テンパイ絵柄をビタで止めると役が成立してしまいます

この機種はBET受付がスタートレバー叩いてから0.5秒位なら可能でした

BIG時後追いBETしてます

postfixでメールserver

yum install postfix

vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}

chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

alternatives –config mta

/etc/init.d/postfix start

#postfixポート開放

 

yum install dovecot

vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

/etc/init.d/dovecot start

#imap用ポート開放

#smtp用ポート開放

 

useradd user

passwd ********

 

#自server環境時はクライアントPC側、hosts編集

すぐ忘れる勢

*MacBookAirからssh

ターミナルで

$ssh -l user -p port host

 

*Linuxポートの状態確認

$netstat -antu

 

備忘_ソフト

mininalインストール後の追加プログラム

・gcc*
・ssh
・telnet-server
・wget
・vsftpd
・bind-utils
・make
・ntp

WebServer
・mysql
・apache
・PHP

NO-IP
・パスエラーで進めなくなったが
no-ip2.conf バックアップをコピーで起動

*初回以降、ssh クライアントから繋がらなくなる件
MacBook側のknown_hosts該当行を削除

古い記事